乳がんって?

日本人女性の11人に1人が乳がんにかかっています。

一生涯に乳がんを発症する日本人女性は現在11人に1人といわれており、毎年1万人を超える人が、乳がんで亡くなっています。

30代後半から罹患率が増加し、40代後半が発症のピークです。

資料:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2012年)

早期発見・早期治療で90%が治るがん

2cm以下の早期の乳がん(他の臓器への転移のない)は、約9割が治ります。早期に治療することは、身体への負担を減らすことにつながります。乳がんの治療は手術、放射線療法、薬物療法などを組み合わせて行われます。

乳がんの10年生存率